中国体彩网,中国体育彩票

图片

情報科学センター

センター紹介

活動と沿革

活動
教育研究活動の支援 -情報教育?研究のための環境づくり-
PC演習室の運営?管理
全学生共用のPC演習室は、図書館同様、学生生活に欠かせない場所です。開放時間に利用する学生は、インターネットやメールを利用し、学習や就職活動に熱心に取り組んでいます。学外からアクセスできるファイルサーバの導入など、ITサービスの利便性の向上に努めています。
情報コンセントの設置
PC演習室だけでなく、一般教室にもネットワークに接続可能な情報コンセントを設置しています。PC演習室と同様、様々なITサービスが利用できます。
Eラーニングの推進
WebをベースとしたWebClass(教育支援システム)の導入により、学生はPC演習室だけでなく自宅でも自主学習ができます。また、履修情報をWebClass(教育支援システム)に反映させる事で、教員の課題配付や学生のレポート提出がWeb上で容易にできる環境を整備しています。
事務システム開発支援 -事務効率化を目指して-
IT技術の活用
「会議室予約システム」、[履修者名簿ダウンロードシステム」などIT技術による事務の効率化を図っています。
ネットワーク運用?管理 -IT環境の整備-

本学のネットワークの歴史は古く、早い時期よりキャンパス内全域に光ケーブルを張り巡らしています。 基幹LANを構成する建屋間は10Gbpsの光ケーブルで接続しており、大容量のデータをスムーズに扱える環境を提供しています。

沿革
前史
1928年(S03) 大阪鉄道学校(本学前身)を大阪市北区兎我野町(北野女学校跡)に創立開校〔11 月1 日〕
1950年(S25) 大阪交通短期大学を大阪市城東区古市(現、大阪産業大学付属高等学校校地)に設立
1962年(S37) 大阪交通短期大学を大阪市城東区古市から大東市中垣内(現、大学校地)に移転
情報科学センター/大学のあゆみ
1965年(S40) 大阪交通大学開学〔2学部3学科〕、同年10月大阪産業大学に改称
1966年(S41) 大阪産業大学短期大学部開学〔1967年(S42)/大阪交通短期大学を廃止〕
1968年(S43)
  • 電子計算室を産業研究所電子計算室に改編
  • 教務システムの運用開始
1973年(S48)
  • 汎用機をTOSBAC 5100に更新
1975年(S50)
  • 汎用機をDEMOS E1200Dに更新
1976年(S51)
  • 入試システムの運用開始
1979年(S54)
  • 学術情報処理センターを設置(電子計算室を付置)
  • 汎用機をHITAC M-150に更新
1983年(S58)
  • OCR装置を導入
1984年(S59)
  • 汎用機をHITAC M-240Dに更新(同時、交換機PacxⅣを設置)
  • 入試答案読取りをOCRで処理
1985年(S60)
  • 汎用機利用有料化
  • 就職システム(求人票読取りをOCRで処理)の運用開始
1986年(S61)
  • 本館竣工、電子計算室同館5階に移転
  • 情報処理演習室開設〔0501?0502室50台〕
1987年(S62)
  • 図書館システムの運用開始
1988年(S63) 大阪産業大学大学院設置〔1研究科2専攻〕
  • LAN用PBXデジタル電子交換機を導入
  • 情報処理演習室を増設〔12403室62台〕
  • 定期健康診断(健康診断書)システムの運用開始
  • 学費データシステム(ファームバンキング連携)の運用開始
1989年(H01)
  • 電子計算室を学術情報処理センター事務室に改称
  • 汎用機をHITAC M-640/30に更新
  • 情報処理演習室を増設〔3409室30台、8303室68台〕
1990年(H02)
  • N1ネットワークに加入
  • 学内ネットワーク完成〔光ケーブル、FDDI リング型:幹線100Mbps、支線10Mbps〕
  • 学内インフォメーションの運用開始〔学内5ヶ所にモニタ11台設置〕
  • 学生証を紙から磁気ストライプタイプ(IDカード)に変更
1991年(H03)
  • シーリングマシンを導入〔ドライシーラー6860〕
1992年(H04)
  • 高速漢字プリンタを導入、情報処理演習室を増設〔0401室215台〕
1993年(H05)
  • 管財システム(資産管理、調達?予算管理)の運用開始
1995年(H07)
  • 学術情報処理センターを情報科学センター(同事務室)に改称
  • LAN完成、ORIONS〔512 Kbps〕と接続
1996年(H08)
  • 情報処理演習室を増設(0503?0504室、80台)
  • 開放専用演習室〔0710室、20台〕を新設
  • 兼務研究員制度を設ける、大学公式Webページを開設
1997年(H09)
  • 全学生の電子メール利用開始
1998年(H10)
  • 汎用機をMP5600/20Sに更新
  • OMR装置を導入
  • WANマルチ中国体彩网,中国体育彩票化〔ORIONS:512Kbps→384Kbps、ISP:384Kbps〕
  • 施設?会議室予約、履修者名簿ダウンロードプロトタイプシステム稼働
  • 情報処理演習室システム/PCを更新〔0401室、Windows95、160台〕
  • 学内10ヶ所に学生用情報端末を設置
1999年(H11)
  • 教学事務(学籍管理)システムデータベース化
  • 業務システムに磁気カードによる認証方式を導入
  • WAN増速〔ISP:384Kbps→1.5Mbps〕
  • ダイアルアップサービス開始
  • 情報化推進委員会設置
2000年(H12) 梅田サテライトキャンパス開設〔大阪駅前第4 ビル22階〕(同時、梅田、大学間テレビ会議システム導入)
  • 基幹LAN 更新:FDDIリング型から2 拠点スター型(本館と15号館)に変更〔幹線1Gbps、支線100Mbps〕
  • 情報コンセント設置〔0301教室/157口、0408,0409,0410/各教室30口〕
  • メールサーバ、Proxyサーバ増強、ネットワーク環境改善
2001年(H13)
  • WAN(学術回線)接続先変更〔ORIONS:384Kbps→SINET: 1.5Mbps〕
  • WAN 増速〔ISP:1.5Mbps→3Mbps〕
  • ネットワークを公開系、教育研究系、事務系の3系統に分離
  • 3拠点遠隔講義システムを導入〔本学、梅田サテライト、OSULA〕
  • 学内ネットワークの愛称をLEONET(レオネット)と命名
  • 貸出用ノートPC を整備〔170台〕、直轄情報処理演習室システム/PC を更新〔513台〕
2002年(H14)
  • 教育支援システム(LMS)を導入〔HIPLUS〕
2003年(H15)
  • コンピュータ支援言語学習システム(CALL)を導入〔L3. Stag EZ〕
  • WAN増速〔SINET:1.5Mbps→100Mbps、ISP:3Mbps→10Mbps〕、Webコンテンツフィルタを導入
2004年(H16) 臨時的入学定員増恒常化〔学部入学定員、2,020人)
  • 公衆無線LANアクセスサービスを学内6ヶ所に導入〔フレッツ?スポット〕
  • 直轄情報処理演習室システム/PCを更新〔581台〕(同時Webメール、ファイルサーバを導入)
  • SSL-VPN を導入
  • サーバの電子証明(SSL)を取得
2005年(H17)
  • オープン系(CSS)教学系事務システムを導入〔Campusmate-J〕
  • Web情報サービス(履修申請、シラバス、ポータル、学生カルテ)の運用開始
  • Microsoft School Agreementライセンスを購入
2006年(H18) 梅田サテライトキャンパスを大阪駅前第3ビル19階に移転
  • 基幹LAN増速〔幹線1 Gbps→10Gbps、支線100Mbps→1Gbps〕
  • WAN増速〔ISP:10 Mbps→20Mbps〕
  • LAN拠点中継装置113式を更新
  • ファイアウォール装置を更新
  • 迷惑メール対策装置を導入
  • マシン室入室管理システム(指紋認証)を導入
  • 汎用機運用終了撤去
  • 新財務システムの運用開始〔Campus CORE21〕
  • 大学事務用PCを一括更新〔209台〕
  • Symantec Endpoint Protectionライセンスを購入
2007年(H19) 大阪産業大学孔子学院開設(梅田サテライトキャンパス)
  • 統合認証システムを導入(職員証ICカード化、SSO、検疫、事務端末操作履歴取得)
  • 直轄情報処理演習室システム/PCを更新〔905台〕
  • 教育支援システムを更新〔HIPLUS→CourseNavig〕
  • 新入生向けITリテラシガイダンスを実施〔利用案内、情報倫理など〕
2008年(H20)
  • BGPを導入
  • コンピュータ支援言語学習システム(CALL)を更新
2009年(H21)
  • 教学系事務システムデータ遠隔地保管を開始
  • メールシステムを冗長化
2010年(H22) 学生数:10,842人(最大)〔4研究科15専攻、5学部16学科〕
2011年(H23)
  • WAN増速〔ISP:20Mbps→100Mbps〕
2012年(H24)
  • LAN拠点中継装置115式を更新〔Catalyst〕
  • 教学系事務システムを更新〔Campusmate-J→UNIPROVE/AS〕
  • 直轄情報処理演習室システム/PCを更新〔949台〕
  • 教育支援システムを更新〔CourseNavig→WebClass〕
2013年(H25)
  • WAN増速〔SINET:100Mbps→1Gbps〕
  • コンピュータ支援言語学習システム(CALL)を更新
2014年(H26)
  • 不正アクセス防止装置(IPS)を導入
  • Wi-Fi APを学生フロント等10ヶ所に導入
2015年(H27)
  • 不正アクセス防止装置2式(IPS、IDS)を増設
  • Wi-Fi APを休憩施設等15ヶ所に増設
  • Microsoft EES包括ライセンスを購入
2016年(H28)
  • 直轄情報処理演習室システム/PCを更新〔960台〕
  • eduroam(国際学術無線LAN)を導入
  • 教育系基幹SWを更新〔Catalyst〕
2017年(H29) 大阪産業大学短期大学部を廃止
  • 教学系事務システムを更新〔UNIPROVE/AS継続〕
  • LAN拠点中継装置119式を更新〔Catalyst継続〕
  • 教育支援システムを更新〔WebClass継続〕
  • 事務用PC統合認証システムを更新
  • マシン室入室管理システムを更新(指紋認証→静脈認証)
  • 産大モバイル(スマホアプリ)を導入〔My時間割、キャンパスマップ等〕
2018年(H30)
  • ISP回線制御装置を更新
  • スパムメール対策装置を更新
  • Adobe ETLA包括ライセンスを購入
  • 新入生向けITCリテラシガイダンスを実施〔ITリテラシガイダンスの内容を一新〕
2019年(R01)
  • 大学事務用PCを更新〔406台〕
  • 学外回線装置およびリモートアクセス装置を更新
2020年(R02) 学生数:8,287人〔4研究科15専攻、7学部16学科〕 教職員数:1027人(内専任352人)
  • Wi-Fi APを教室等147室に設置〔同時既存Wi-Fi設備を更新〕
  • WAN増速〔SINET:1Gbps→10Gbps〕
  • 直轄情報処理演習室システム/PCを更新〔965台〕
  • 中央、南キャンパス間LAN無線中継器を更新
  • COVID-19/オンライン授業対応 クラウドストレージサービスを導入〔GigaCC ASP〕、G Suite Enterprise for Educationライセンスを購入